【良い子は真似しちゃダメ】損失リスク覚悟でステムリムのIPOにチョット参加!

2019年7月25日IPO(新規公開株)

タイトルにもありますが、カブスルは損失リスク覚悟でIPOに参加しています。
真似すると損するリスクもありますのでご注意を!

ブックビルディングが今日から始まった「ステムリム」は、人が本来持つ組織修復能力を最大限に引き出すことにより、機能的な組織・臓器の再生を誘導する新しい医薬品「再生誘導医薬」の開発を目指すバイオ企業です。

当初は評価を「D」とし、ブックビルディングに参加する予定がありませんでした。

しかし、昨日 訂正されたIPOの内容を考慮して評価を「C」に修正し、少しだけ申し込むことにしました!

バイオベンチャー企業は人気がない

バイオ系のベンチャー企業は、IPOでたびたび登場しますが、近年は人気がありません。

近年と書きましたが、2013年頃はIPOで人気のある業種でした。

2013年頃はバイオベンチャー企業の業績が赤字なのは当たり前として、業績が悪くても気にされませんでした。

その後、バイオベンチャー企業でも業績内容を見る投資家が増え、赤字が当たり前のバイオベンチャー企業のIPOの人気はどんどん低下していきました。

さて、ステムリムですが、こちらも赤字のバイオベンチャー企業です。

バイオ系はどうしても研究開発費がかかるので、その研究開発費を上場による資金調達やベンチャーキャピタルからの出資にて確保する必要があります。

ステムリムも上位株主にベンチャー企業があり、うち2社にはロックアップがかかっていません。

・みやこ京大イノベーション投資事業有限責任組合
・大和日台バイオベンチャー投資事業有限責任組合

この2社がどう動くかにも注目です。

仮条件が前代未聞の大幅引き下げに!

IPO新規承認時の目論見書の想定価格は3,050円でした。
(想定仮条件 2,370円~3,730円の平均価格)

どちらかというと 値がさ株の部類に入り、手を出すと火傷しそうだったので、IPO参加は見送る予定でした。

ところが、仮条件が発表された昨日24日。

仮条件は大幅に引き下げられ、1,000円~1,700円下限で32.8%も引き下げられました!

最初の想定価格はもちろん、企業と主幹事証券でどの程度の調達金額を市場から得たいのか、どれくらいなら投資家に購入してもらえるのか考慮して決定されていますが、この価格が大幅に引き下げられるのは前代未聞です。(2003年のサン・ジャパン以来)

予定していた調達金額を大幅に下げてもIPOの内容を変更したのは、企業&主幹事の良い判断だと思います。

実際わたしも「え?ずいぶんと買いやすくなったな」と興味を持ちました。

日経によると やはり当初の価格では投資家の理解を得らえなかったようです。

ステムリムは24日、日経QUICKニュース社の取材に対し、今回の想定価格変更の理由について「機関投資家などへの調査の結果、需要が想定を下回った」(経営管理部)と答えた。

代表取締役会長CEOの売出しを中止!代わりに公募株を増やす

また、もうひとつの高評価ポイントとして、代表取締役会長CEOの冨田 憲介氏が当初予定していた210万株の売出しを取り消しました。

代わりに公募株が210万株増えたので、全体の株数は変わりません。

ステムリムへの参加を決める

以上の2点から、当初見送り予定でしたが、チョットだけ参加してみることにしました!

もちろん、内容はよくなったといっても、公募割れリスクは相変わらず高いです。

わたしは損失覚悟ですので、お間違えなく!

 

ブックビルディングは 7/25 (木) ~ 7/31 (水) となっています。

カブスル一家の参加状況です。

【7/31追記:主幹事はキャンセル】主幹事のSMBC日興証券で参加!


7/31 追記。
7/31に上場したツクルバの初値が同値だったため、SMBC日興証券の申し込みをキャンセルしました。

最初にいっておきますが、SMBC日興証券は当選後の当選キャンセルを行うと、ペナルティがある証券会社です。

それでも、主幹事から申し込むのは当選確率が高いことと、損失リスクを覚悟しているからです。

SMBC日興証券はIPOの幹事数が多く、資金量に左右されない公平抽選ですので、100株の応募でOKです。

2018年に上場した90社のうち、20社の主幹事(全体の22%)を務めています。

私はSMBC日興証券で18回 当選しています。

SBI証券はポイント狙いで参加

幹事証券になっているSBI証券は、チャレンジポイント狙いで、一家全員参加しています。

100株応募ですが、もしかしたら人気がないので当選するかもしれません(笑)

SBI証券は当選後の辞退も可能なので、ほかの証券会社の当選状況によって、どうするか考えようと思います。

抽選資金不要の岡三オンライン証券と野村證券でも参加!

抽選資金が不要で気軽に運試しができる岡三オンライン証券野村證券(ネット&コール)でもブックビルディングに申し込みました。

野村證券は、ほかのIPOで今年利益がでているので、損失がでても損益通算ができ、岡三オンライン証券は当選したことがないので、応募してみました。

仮条件の上限は1,700円なので、抽選資金は17万円必要になります。
抽選資金が必要ありません(0円)ので、気軽にIPOに参加できます!

IPOのブックビルディングや抽選時に口座に入金しておく必要はなく、当選が決まってから口座に資金を入金すればOKです。

野村證券は言わずと知れた大手証券会社です。
IPOの主幹事や幹事になる機会も非常に多く、IPOにおすすめの証券会社になります。
2018年は37社(全体の41%)のIPOを取り扱ってます。

岡三オンライン証券は意外とIPOの幹事数が多く、2018年は47社(全体の52%)のIPOを取り扱ってます。

現在、岡三オンライン証券現金2千円がもらえるお得な口座開設タイアップ中です♪

タイアップ_岡三オンライン証券

その他の幹事証券

そのほかに、楽天証券でも参加しました。

ネット申し込み分は資金量に関係ない公平抽選を採用しています。

100株だけ購入したい

カブスルは5社からステムリムのIPOに応募しましたが、実際に欲しいのは100株だけです。

当選状況によっては辞退も考えています。

また、わたしはIPOでわざわざ参加していますが、上場後に参加しても十分 値動きについていけるIPOなのかもしれません。

最後にもう一度言いますが、バイオ系のベンチャー企業は人気がなく、公募割れリスクも高いです。

カブスルは遊び半分で参加していますので、ご注意を!

まだ間にあうかも!証券会社の口座開設は最短で翌日!

証券会社の口座開設は最短で翌日(翌営業日)から可能です!

本人確認書類やマイナンバーなどをアップロードで提出することにより、郵送よりも早く口座開設をすることが可能です。(郵送の場合は1週間~10日程度)

上記の証券会社はIPO当選に欠かせない証券会社になります。

人気IPOは全力で参加していきましょう!

IPOは人気度により、当選倍率もどんどん高くなります。
つまり、普通に応募しているだけではそう簡単に当選しません!

IPOの当選確率を上げるコツを利用し、当選を狙っていきましょう (  ̄∇ ̄)

カブスルは一家で58回 IPOに当選し1,116万円の利益を得ています。

子どもの未成年口座でもIPOに応募しています。
マネックス証券SBI証券

もし、IPOで利益が出れば、配当金目当てで長期保有できる株式を購入しようと思っています。(IPOチャレンジポイントは240Pを超えました!)

IPOチャレンジポイント

IPOの初値予想やスケジュールに便利な専門サイト

IPOの情報がギッシリとつまっているIPO専門サイト庶民のIPO
IPOの内容や説明が見やすく、便利なコンテンツもあります。

庶民のIPO
庶民のIPO

IPOのメリットやリスクなど基本的な情報はもちろんのこと、下記のようなページも用意しています。

IPO投資に便利なページを取り揃えております。

IPOに積極的に参加しているカブスルが利用しやすいように作成したWebサイトです。
本サイトカブスルと合わせて どうぞよろしくお願い致します(  ̄∇ ̄)

2019年7月25日IPO(新規公開株)