日本のモノづくり企業「ユー・エム・シー・エレクトロニクス」のIPOが承認

IPO(新規公開株)

ユー・エム・シー・エレクトロニクス」のIPOが承認されました。

2016年度 第8弾のIPOで、3月では7社目のIPOになります。
連日、IPOの承認がありますが、今年は約90~100社の上場が予定されています。

ユー・エム・シー・エレクトロニクス
ユー・エム・シー・エレクトロニクス

ユー・エム・シー・エレクトロニクス」は、電子機器の受託製造・開発を行うEMS事業を行っている企業です。

上場日とブックビルディングの期間

上場日は3/15 (火)。市場は東証(所属部未定)の予定です。
想定仮条件は3,400円あたりが見込まれています。

ブックビルディングは 2/26 (金)~3/3 (木) までとなっています。

ブックビルディングの申込み忘れを防ぐため、姉妹サイトにて「IPOのメール通知システム」を作成しました。利用は無料となっています(  ̄∇ ̄)

主な引受幹事証券

引受証券会社の中の、主なネット証券会社です。

まずは、完全公平抽選マネックス証券」や「SMBC日興証券

上記二社は、IPOの引受幹事数も多く、資金量に関係がない完全公平抽選ですので、100株の応募でOKです。
私はマネックス証券で過去、13度、SMBC日興証券で5度 当選しています。

 

そして、SBI証券

SBI証券はネット証券会社の中でも引受幹事数が多い証券会社です。
IPOの当選狙いであれば口座開設をしておきたい証券会社になります。
(管理人はSBI証券で過去に4度 当選を果たしています)

SBI証券」では、抽選に外れても次回以降の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイント」が頂けます(  ̄∇ ̄)

参考までに 「CRI・ミドルウェア」に「SBI証券」のIPOチャレンジポイントを「240ポイント」利用して割当(当選)を頂いた方がいらっしゃるようです。

初値売りでの 利益は111万円!!
ポイントもコツコツ貯めれば、高額当選も夢ではありません。

 

さらに・・穴場の証券会社むさし証券も引受幹事に入っています。

ネット分は公平抽選ですので、IPO当選狙いには穴場の証券会社です。

最近、引受幹事になる回数も増えてきたように感じますので、IPO当選狙いには必須の証券会社になります。
 

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券も引受幹事証券になっておりますので、同グループ会社であるネット証券会社のカブドットコム証券も恐らく、後日 取り扱う事になるかと思います。

IPOの当選確率を上げるコツ

IPOは人気度により、その当選倍率もどんどん高くなります。
IPOの当選確率を上げるコツを利用し、当選を狙っていきましょう (  ̄∇ ̄)

2015年のIPOの引受幹事と、初値や公開価格の騰落率は下記にまとめています。

姉妹サイト「庶民のIPO」にもIPOの攻略法や各種データを載せていますので参考にしてみて下さい。

IPOの専用サイトを制作しました

IPOの専用サイトを制作しました。
Webサイトの横幅をこれまでより広くして、IPOの内容や説明等が見やすくなるよう制作しております。

庶民のIPO
庶民のIPO

IPOの「初値予想」や「想定の仮条件」といった個別IPOの情報から、「上場予定カレンダー」や「メール通知サービス」など便利なページや機能も用意しています。

IPOに積極的に参加している管理人が利用しやすいように作成したWebサイトです。
本サイト「初心者の株式投資道場」と合わせて どうぞよろしくお願い致します(  ̄∇ ̄)

IPO(新規公開株)