マクドナルド、株価が8日連続で下落。

株の雑記, 株のニュース

異物混入問題が連日 報道されている「日本マクドナルドHD」。

株価は8日連続で下落しています。

Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス

こういった悪いニュースが出て、対象銘柄を保有していた場合、そのニュースが一時的なもので業績に大きく関係しないのか、それとも今後の業績に関係してくるのかを判断して対処する必要があります。

今回の報道の場合、一時的とも恒久的とも言えますので、基本的には「売り」が正解だと個人的に思います。

マクドナルドは昨年より全面禁煙にしており、ファミリー層が増えています。
このファミリー層からの信頼が戻らない限りは客足も伸びないだろうなと思います。

もし、私がマクドナルド株を保有していたら・・

異物混入の報道があった時点で売却しています。

何故なら、こういった「食品に関する報道」は、連日報道されやすいからです。

同じ被害を受けた人たちが今後 名乗りを上げる場合もありますし、同業他社に同じような悪いニュースが出て、結果また ぶり返して報道される可能性もあります。

同業種の株を保有している場合も注意が必要です。

 

連日、報道されることにより、投資家心理は冷えてきます。

失望した投資家は売り、株価が下落。
株価の下落が さらなる売却を誘い、ズルズルと下げていくパターンが多いです。
空売りを仕掛ける人もいますのでなおさら下がりやすい!)

 

優待狙いで購入したとはいえ、頂ける優待の価値以上に株価が下落し売買で損失を出しては投資の意味が失われてしまいます。

報道が落ち着いてきたら買い直しを検討

こういった食に関する悪いニュースですが、私がこれまで見てきた経験上、大体三カ月もすれば 株価が回復していることが多いです。

これまでの報道を見ていると・・・マック側の顧客に対する対応は非常に悪いとしか思えませんが、それでも数ヵ月後には株価が回復しているかもしれません。

報道が落ち着いてきた時に売ってしまった株を買い直すと、優待も頂けますし 株の売買の差額を得られる可能性も出てきます。