最近はTwitterで情報発信を積極的に行っています。

節税対策♪ 株の取引で損失が出ていたら確定申告をしましょう。

2016年2月11日大事なこと

2015年度の株取引で「損失」が出ている方へ。

年間の損失は確定申告をしましょう!

 

何故なら、税金が「お得」になる可能性があるから。

具体的には確定申告を行う事で「その年の損失を3年間 繰越し」「翌年以降の売却益と相殺する」ことが出来るようになります。

つまり、翌年以降に売却益が出た場合、今年の損失分を引けるので、売却益が減り、結果 税金も安くなります。

詳しくは下記にて。

損失が出ている場合には確定申告がおすすめ

勘違いされている方も多いですが、「年間の譲渡益で損失が出ている方」は、「特定口座」の源泉徴収が「あり」「なし」に関わらず確定申告をすると節税対策になります。

損失に関しては何も処理されない

「特定口座 源泉徴収あり」で口座を開いているので、確定申告をしなくていいと思っている方も多いようですが、損失が出た場合の手続きに関しては証券会社は何も行いません。

ご自身にて「損失が出たよ~」と確定申告を行う必要があります。

複数の証券会社で損益が出ている場合も確定申告を!

特定口座の源泉徴収ありでは、証券会社が損益の通算を行い利益が出ていれば、納税を行ってくれます。

ただし、複数の証券会社を利用しており、A証券会社で利益、B証券会社では損失が出ているといった場合は、A証券会社の利益とB証券会社の損失を損益通算することは出来ません。

節税の為には、確定申告を行い、損益通算を行う必要があります。

損失が出た場合は確定申告がおすすめ

損失が出ている場合は確定申告を行うと、節税できる可能性があります。
株取引で年間の取引で損失が出た場合、確定申告を行っておきましょう!

2/15(月)から確定申告が出来るようになります。
3月になると、税務署も混みだすので、早めに行かれることをおすすめします。

ブログランキングに参加しています。
ブログまたは、庶民のIPOカブスルの記事が参考になりましたら、清き一票をお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村に投票

2016年2月11日大事なこと

Posted by pazz