2017年のIPO当選実績と努力の検証

売買履歴

2017年のIPOも100万円超えが2銘柄登場するなど、活況な一年でした。

当サイトでつけた評価別のIPO数は下記となっています。

このうち、管理人は「S」「A」「B」のIPOには全て応募しました。(60社)

「C」のIPOには9割くらい応募したと思います。(16社 * 0.9= 14社)

「D」のIPOは公募割れを避けるため、IPOチャレンジポイントしか狙いませんでした(0社)

つまり、2017年は74社のIPOに応募しました。

ここから、どうでもよい話をしております。
数値なども適当ですので、まじめに見ないでください(ツッコミどころもスルーして下さい)

IPO当選は3社

2017年のIPOには夫婦で3社当選しました。

IPOの当選&初値売りによる利益は3銘柄のIPO当選で449,200円となりました。

74社に応募し当選は3社ですので、

3 ÷ 74 × 100 = 4.05%

当選確率は約4%です。

ブックビルディング参加数

一社のIPOに対して、たぶん(適当) 平均4社くらいからIPOのブックビルディングに申し込んでいます。

74社 × 平均4社 = 296回 ブックビルディングに参加しています。

総クリック数

一社のブックビルディングに対して、たぶん(適当) ログインから申込完了までで平均8クリックくらいしております。

296回 × 平均8クリック = 2,368クリック

奥様は6割くらい、子供は5%くらい

口座開設数を考えると奥様は私の6割くらいのクリックだと思います。

2,368クリック × 6割 = 1,420クリック

子供はマネックス証券SBI証券しか口座開設しておらず、抽選資金も低いので 5%くらいのクリックだと思います。

2,368クリック × 5% = 118クリック

一家の総クリック数

2,368 + 1,420 + 118 =

一家でIPO応募にかかったクリック数は3,906クリック数になります。

1クリックあたりの単価

2017年にIPOで得た利益は449,200円

449,200 ÷ 3,906 = 115.00

1クリックあたり115円になります。

1クリックあたりの時間はたぶん(適当) 1分くらいですので、時給(60分)にすると 6,900円になります。

日々、IPOの落選結果を見ておりましたが 時給にすると かなり良かったことが分かりました!(適当)

この日々のポチポチを続けることにより、IPO当選という輝かしい未来がありますので、みなさんも根気よく応募してみて下さい!

売買履歴