2019年一発目の100万円超えはサーバーワークス!上場2日目に初値がつく。

IPO(新規公開株)

昨日、東証マザーズに上場を果たした IPO「サーバーワークス」に初値がつきました。

初値と初値売りによる利益

上場日 初日の13日は買い注文が集まり初値がつかず、翌営業日である本日14日に初値がつきました。

公募価格4,780円に対して、初値は18,000円
騰落率は 276.57%(3.77倍) でした。

初値売りをした場合、
(18,000円 – 4,780円) × 100株 = 132.2万円の利益となります!

当選して初値で売却された方はおめでとうございます!
(  ̄∇ ̄)イイナー イイナー

ちなみに、利益額は今年一番大きい利益となりました!騰落率(倍率)でも一番大きいです!

IPOは当選して利益が出ると、銀行等の預金金利以上の利益が出やすいです。

NISA口座での購入も可能

参考までに、幹事証券であるマネックス証券SBI証券では、NISA口座でのIPO銘柄の購入も出来ました。

仮にNISA口座で購入し初値売りをした場合、

132.2万円 × 20.315%(利益にかかる税金)268,564円 が非課税(税金が0円)になります。これは大きな節税になりますね!

NISA制度は人気IPO銘柄に利用することで非課税の恩恵を得ることも出来ます。

IPOはお祭りみたいなものなので、勢いがあると見ているだけでもおもしろいですね(  ̄∇ ̄)
人気IPO銘柄のブックビルディング(抽選)に備えて、口座開設の準備はお早めに!

IPOの当選確率を上げるコツ

IPOは人気度により、当選倍率もどんどん高くなります。
IPOの当選確率を上げるコツを利用し、当選を狙っていきましょう (  ̄∇ ̄)

 

各年のIPOの引受幹事と、初値や公開価格の騰落率は下記にまとめています。

IPOの初値予想やスケジュールに便利な専門サイト

IPOの情報がギッシリとつまっているIPO専門サイト庶民のIPO
IPOの内容や説明が見やすく、便利なコンテンツもあります。

庶民のIPO
庶民のIPO

IPOのメリットやリスクなど基本的な情報はもちろんのこと、下記のようなページも用意しています。

IPO投資に便利なページを取り揃えております。

IPOに積極的に参加している管理人が利用しやすいように作成したWebサイトです。
本サイトカブスルと合わせて どうぞよろしくお願い致します(  ̄∇ ̄)

IPO(新規公開株)