【良い子は真似しちゃダメ】大損リスク覚悟でSansanのIPOに積極参加!

IPO(新規公開株)

タイトルに書きましたが、下記は管理人が損失リスク覚悟でIPOに積極参加している記事です。

真似すると大損するリスクもありますのでご注意を!

 

法人向けクラウド名刺管理サービスを行っている IPO「Sansan(4443)」のブックビルディング(BB)に参加しました。

ヽ(*゜Д゜)ノガォー

Sansan(4443)は公募割れのリスクあり

Sansan(4443)は、2018年12月に日本経済新聞社が、上場していない企業の企業価値ランキング上位10社を発表した際に6位に入っていた企業です。

当然、投資家からの注目度が高く、上場が期待されていました。

ところが、いざIPOが決まり目論見書の決算を見て、みなビックリ!

リスク1:5期連続の経常損失

売上高は好調ですが、経常損失が5期連続の赤字。

当然、赤字企業は投資家は敬遠しますので、この業績の悪さが公募割れのリスクを高めているひとつの要因になります。

リスク2:IPOの内容が悪い

IPOが人気化するには、いくつかのポイントがあります。

逆にいえば、人気を下げるポイントがあるんですが、Sansanの場合は下記の点が人気を下げるポイントとなっています。

  • 売出し比率が高く、企業にお金がほぼ入らない
    売出しとは既存株主が市場に出す株式で、売りにだした既存株主にお金が入ります。
    一方、公募は企業が新しく発行する株式で、企業にお金が入ります。
    つまり今回、上場でウハウハするのは既存株主です。
  • ベンチャーキャピタルが多く、出口案件
    ベンチャーキャピタルとは、投資会社のことです。
    未上場企業に出資し株券をもらい、上場後に売却してリターンを得ます。
    既存株主の多くもベンチャーキャピタルで、投資資金回収のための上場でもあります。
  • 市場からの吸収金額が大きすぎる
    東証マザーズ市場は新興企業向けの市場です。
    吸収金額も10億円程度の企業が多いですが、今回の吸収金額は389億円ちかくとかなり大きいです。
    荷もたれ感がでると公募割れのリスクは高ります。
    単純に調達金額は小さければ小さいほどIPOでは人気があります。
    2018年の100億円以上の吸収金額IPOの結果

書き出すと、やっぱり公募割れのリスクが高いIPOだなぁと思います(笑)

普通の方は、IPOの見送り または SBI証券のIPOチャレンジポイントだけをいただく案件かと思います。

わたしも身内や知人に勧めていません!

じゃあ、なんでアンタは積極参加するの?

わたしの動物的カンが、イケるんじゃない?と言っているからです。

ちなみに、大前提としてわたしは昨年のIPOで大きな利益がでています。
最悪、大損しても前年の利益で相殺できると思っています。

IPOに当選していない方、損失を出している方は、本当に参加はやめておきましょう!

イケると思っているポイントはこちら。

  • 業績の黒字化は可能。
    庶民のIPOで紹介していますが、経常損失の大きな原因はCMをはじめとした広告宣伝費です。それもかなりの金額を使っています。
    同社の事業モデルは月額課金制なので安定した収益があります。
    しかも解約率は1%以下と低く、売上高は好調です。
  • あの野村證券が主幹事
    先日、証券取引所の市場区分による情報漏洩により、市場や企業の信頼をなくしたあの野村證券が主幹事です。
    当然、顧客にもIPOを配るわけですがその配ったIPOが公募割れなんぞになったら…(以下略)
  • 仮条件が上ブレ
    想定価格は高かったのですが、仮条件はさらに高くなりました!(4,000円~4,500円)
    仮条件は機関投資家などにヒアリングを行い、決定します。(いくらなら買いますか?と)
    仮条件が上ブレたという事は、機関投資家の人気が高い可能性があります。
    (野村證券の意向の可能性もありますが)

個人的には、業績の黒字化は難しくないと思っています。

よって、黒字化してから来年にでも上場すれば良かったのにと思っています。

値がさ株なので、少しの変動で損益が大きくなります。
つまり、利益も大きくなりますが損失も大きくなります。

今回Sansanでは、DEAD or ALIVE を楽しもうと思っています。

公募価格が下振れたら逃げます

ちなみに、仮条件は4,000円~4,500円ですが上限の4,500円に決まらなかった場合は、公募割れリスクが高まりますので当選しても辞退します。(ペナルティがあるSMBC日興証券以外)

ブックビルディング期間(申込み期間)

ブックビルディングは 6/3 (月) ~ 6/6 (木) となっています。

仮条件は4,000円~4,500円 (抽選資金:40万円 ~ 45万円)の間に決まりました。

抽選資金が足りない方は、抽選資金不要の証券会社もあります。

評価はやや低い「C」に設定しました。

初値予想は4,300円 ~ 4,900円
予想利益は-20,000円~40,000円としています。

ブックビルディングの申込み忘れを防ぐため、姉妹サイトにてIPOのメール通知システムを作成しました。利用は無料となっています(  ̄∇ ̄)

IPOの申し込み確認、当選確認には便利なIPO管理帳をご利用ください。特にIPOラッシュ時に申し込み忘れを防げて便利です!

主幹事の野村證券で参加(抽選資金不要)!

主幹事は野村證券になります。

主幹事は割当数(当選口数)が一番多いので、IPOの当選を狙うなら主幹事からの応募は欠かせません。

2018年に上場した90社のうち、23社の主幹事(全体の26%)を務めています。

ネットから応募できる野村證券(ネット&コール)では、IPOの抽選資金が必要ありません

IPOのブックビルディングや抽選時に口座に入金しておく必要はなく、当選が決まってから口座に資金を入金すればOKです。

仮条件の上限は4,500円なので、抽選資金は45万円必要になります。
この抽選資金が必要ありません(0円)ので気軽にIPOに応募可能です!

当選口数が多い主幹事でありながら、入金不要で気軽にIPOに応募出来ます。

管理人は3回IPOに当選しています。

公平抽選のマネックス証券とSMBC日興証券で参加

IPOのネット抽選分が公平抽選 であるマネックス証券SMBC日興証券で応募しました。

ちなみに、今回は公募割れのリスクがあるのでマネックス証券は通常の特定口座で参加しています。
SMBC日興証券は当選した場合、辞退をするとペナルティがあります。

どちらもIPOの幹事数が多く、資金量に関係がない公平抽選ですので、100株の応募でOKです。
私はSMBC日興証券で18回、マネックス証券で16回 当選しています。

SBI証券でもブックビルディングに参加

幹事証券になっているSBI証券でも参加が可能です。
私は16回 当選したことがあります。

SBI証券は、落選してもIPOチャレンジポイントが1ポイント付与されます。

IPOチャレンジポイントを貯めて利用すると、ポイント上位利用者から、必ず割当(当選)する仕組ですので、地道にためておきましょう。

管理人も人気IPOの「RPAホールディングス」にIPOチャレンジポイントを使用して300株 当選しました!

初値売りの利益は300株で321万円!!
ポイントもコツコツ貯めれば、高額当選も夢ではありません。

現在、SBI証券現金2,000円がもらえるお得な口座開設タイアップ企画中です♪

SBI証券タイアップ

その他の幹事証券

そのほかに、楽天証券カブドットコム証券でも参加しました。

ネット申し込み分は資金量に関係ない公平抽選を採用しています。

 

他に、大手で主幹事のみずほ証券大和証券でも参加しました。

また今回は、IPO辞退でペナルティがある三菱UFJモルガンスタンレー証券では参加していません。

子どもの未成年口座で参加

子どもの未成年口座であるマネックス証券SBI証券でもIPOに応募しました。

損失がでましたら、わたしが補填します!

ちなみに、お得が大好き!損失大嫌い!な妻は悩み中です。

まだ間にあうかも!証券会社の口座開設は最短で翌日!

証券会社の口座開設は最短で翌日(翌営業日)から可能です!

本人確認書類やマイナンバーなどをアップロードで提出することにより、郵送よりも早く口座開設をすることが可能です。(郵送の場合は1週間~10日程度)

上記の証券会社はIPO当選に欠かせない証券会社になります。

人気IPOは全力で参加していきましょう!

IPOは人気度により、当選倍率もどんどん高くなります。
つまり、普通に応募しているだけではそう簡単に当選しません!

IPOの当選確率を上げるコツを利用し、当選を狙っていきましょう (  ̄∇ ̄)

管理人は一家で58回 IPOに当選し1,116万円の利益を得ています。

IPOの初値予想やスケジュールに便利な専門サイト

IPOの情報がギッシリとつまっているIPO専門サイト庶民のIPO
IPOの内容や説明が見やすく、便利なコンテンツもあります。

庶民のIPO
庶民のIPO

IPOのメリットやリスクなど基本的な情報はもちろんのこと、下記のようなページも用意しています。

IPO投資に便利なページを取り揃えております。

IPOに積極的に参加している管理人が利用しやすいように作成したWebサイトです。
本サイトカブスルと合わせて どうぞよろしくお願い致します(  ̄∇ ̄)

IPO(新規公開株)